「積水化成品グループ100年ビジョン」を実現するために、企業価値の向上につながる事業活動を、経営理念の実践を通じて行うことがCSRであると考えています。
同時に、地球環境を含むすべてのステークホルダーに対して社会的責任を果たすため、「環境・安全・品質に配慮したモノづくり」、「コンプライアンスを重視した誠実な経営活動」、「全員経営の実践」という3点を、CSR活動の基盤に据えて事業活動を行っています。

CSR宣言

人と環境を大切に、
夢をふくらませる積水化成品グループ
私たち積水化成品グループは、
経営理念の実践を通じて地球環境を含む
すべてのステークホルダーに対して
社会的責任を果たし、
グローバルに社会の持続的発展に貢献します。
人と環境を大切に、夢をふくらませる積水化成品グループ

ステークホルダーに対する責任

ステークホルダー 積水化成品グループの果たすべき責任
お客様への責任 安全・安心な製品を供給するとともに、常に新しい機能・価値を創造し、お客様の課題解決に役立つ素材・サービスをシステム発想で提供することにより、人々のより良い暮らしに貢献します。
グループ員への責任 人間尊重と相互信頼を大切にし、働く者の幸せを追求します。そのため、特に能力開発、評価への公平性を高め、健康・安全に働ける職場環境づくりや仕事と家庭の両立に取り組みます。
地域社会への責任 地域にとって安全な事業場であることを最重要に考えます。
さらに、地域社会の一員として、地域の皆様に信頼され、親しまれる企業を目指します。
株主様への責任 企業価値の向上に努め、株主様へ還元することで期待に応えます。
また、積極的な経営情報の開示、株主様との対話を重視していきます。
取引先様への責任 誠実をモットーとし、公平・公正な取引を通じて取引先様との信頼関係を構築します。また、取引先様にとってより良きパートナーとして共存共栄を目指します。
地球環境への責任 大切な地球を守るために環境良化に積極的に取り組みます。
特に、省資源素材である発泡プラスチックスを中心に循環型社会の発展、低炭素化に貢献します。