積水化成品グループでは、持続可能な社会の実現に貢献すべく、CSRにおける重点課題を「環境」「安全・安心・健康」「品質」「コミュニティ」「ガバナンス」の5つのキーワードによって整理し、それぞれの項目に対する施策を具体的な取り組みにまとめ、推進しています。

CSR重点課題・推進体制

CSRにおける重点課題・目標

項目 ポイント 施策 具体的取り組み(方向性、例)
E
(環境)
1.
環境
事業を通じて地球環境の保全・良化に貢献 SKG-5R(※)を基盤とした事業活動 持続可能な製品・商品、サービスの提供
既存製品の進化 軽量化・断熱性能向上製品の機能向上と応用製品の拡大
新たな素材の実用化 生分解性、バイオマスプラスチックスを活用した製品開発
社会に負荷をかけない活動 リサイクルの推進、生産・事務・管理活動の省エネルギー化
マネジメント 環境マネジメントシステムの高度化、法規制対応
ステークホルダーと連携した環境への貢献 国際的な課題への対応 産・官・学連携した情報の整理と発信
生物多様性の保全 グリーンウェイブ、里山保全活動
S
(社会)
2.
安全・安心・健康
安全な事業活動と職場環境の提供 ゼロ災害の達成 事故ゼロ、労働災害ゼロへの取組み強化
安心な街づくり 防災・減災・グリーンエネルギー貢献 防災・減災・グリーンエネルギーに資する製品展開
健康生活に貢献 健康増進 スポーツ関連製品、化粧品、医療用ゲルなどの展開
3.
品質
最高品質製品・サービスの提供 製品特性の遵守 製品品質の維持向上
お客様の声の反映 お客様の声を経営に活かす取り組み
4.
コミュニティ
地域社会、従業員との共存・共栄 防災協定等 地方公共団体などとの協同
地域ボランティア活動 地域清掃、災害支援活動など
働き方改革、ダイバーシティ推進 フレックス、在宅・テレワークなどの推進、
ダイバーシティ推進、人材育成
G
(ガバナンス)
5.
ガバナンス
安心して取引していただける会社に グローバルなガバナンス体制強化 グローバル管理体制の強化
CGCへの真摯な対応 諮問委員会などの着実な運営
コンプライアンス、
リスク管理の取組み強化
管理体制、方法の高度化

※SKG-5R:Reduce Reuse Recycle Replace(置換え) Re-create(再創造)

CSR重点課題・推進体制

私たちは、CSRに関する個別の重点活動を推進するため、社長を委員長とする「CSR統括委員会」を設置しています。
また、その下部組織には6つの委員会を設け、テーマごとに活動しています。

CSR推進体制

CSR推進体制図 CSR推進体制図