お客様に満足していただける製品やサービスを提供するため、品質の向上に取り組んでいます。

品質保証の基本的考え方

品質を評価するのはお客様であるとの考え方を基本としています。
お客様にとって価値のある製品やサービスの提供を推進するため、開発段階から品質を作りこむ源流管理を徹底しています。

開発段階での品質の作り込み

  1. 市場ニーズ
    顧客ニーズ
  2. 営業
  3. 開発テーマ
    評価・選定
  4. デザインレビュー環境影響評価
    関連法規審査
    事前安全審査
  5. 初期流動
    管理
  6. 新製品
  7. 市場評価

化学物質への対応

積水化成品グループでは、原材料グリーン調達基準を定めるとともに、製品の化学物質に関する情報を提供するため、アーティクルマネジメント(JAMP)の情報伝達システム(MSDSplus、AIS)を活用して化学物質の管理運営を行っています。
また、すべての製品についてGHS分類に対応したラベル表示やSDS(安全データシート)の提供を行っています。

製品安全への取り組み

研究開発段階から製品使用後の廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたって、環境・安全・健康に配慮した製品開発に努めています。