積水化成品グループの設立から繁栄までの歴史をご紹介します。

積水化成品確立の時代

奈良工場全景
奈良工場全景

1959年(昭和34年)

積水スポンジ工業株式会社設立。
本社事務所及び奈良工場を奈良市南京終町に設け、発泡ポリスチレンビーズ及び塩ビ発泡事業に着手。

奈良工場全景
奈良工場全景
発泡ポリスチレンビーズの第1号プラントを奈良工場に設置
発泡ポリスチレンビーズの
第1号プラントを奈良工場に設置

1960年(昭和35年)

発泡ポリスチレンビーズの製造、販売を開始。

発泡ポリスチレンビーズの第1号プラントを奈良工場に設置
発泡ポリスチレンビーズの
第1号プラントを奈良工場に設置

1961年(昭和36年)

東京営業所を東京都港区に設置(現、東京本部:東京都新宿区)。
茨城県猿島郡総和町(現古河市)に関東工場(現、株式会社積水化成品関東)設置。本社事務所を大阪市北区に移転。

1962年(昭和37年)

発泡ポリスチレンシートの製造、販売を開始。

1963年(昭和38年)

発泡ポリウレタンフォームの販売を開始。

1964年(昭和39年)

大阪証券取引所市場第2部に上場。

発泡ポリスチレンシート「エスレンシート」
発泡ポリスチレンシート
「エスレンシート」

1966年(昭和41年)

奈良県天理市に天理工場(現、株式会社積水化成品天理)設置。
発泡ポリスチレンシートの製造を開始。

発泡ポリスチレンシート「エスレンシート」
発泡ポリスチレンシート
「エスレンシート」

1968年(昭和43年)

関東工場および天理工場に、発泡ポリエチレンフォームの製造、販売を開始。

1969年(昭和44年)

積水化成品工業株式会社に商号変更、本店を奈良市に移転(但し、本社事務所は大阪市に設置)。
滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市)に滋賀工場(現、株式会社積水化成品滋賀)設置、発泡ポリスチレンビーズの製造を開始。

1970年(昭和45年)

茨城県猿島郡境町に笠原化成株式会社(現、株式会社積水化成品東部)を設立。

発泡スチロール回収風景
発泡スチロール回収風景

1971年(昭和46年)

大手家電メーカーと共同で発泡スチロールの回収リサイクルを開始。

発泡スチロール回収風景
発泡スチロール回収風景

1973年(昭和48年)

東京証券取引所市場第2部に上場。

ポリエチレン・ポリスチレン複合樹脂発泡体「ピオセラン」
ポリエチレン・ポリスチレン複合樹脂発泡体
「ピオセラン」

1974年(昭和49年)

ポリエチレン・ポリスチレン複合樹脂発泡体「ピオセラン」を開発。

ポリエチレン・ポリスチレン複合樹脂発泡体「ピオセラン」
ポリエチレン・ポリスチレン複合樹脂発泡体
「ピオセラン」

1976年(昭和51年)

北海道千歳市に北海道エスレン株式会社(現、株式会社積水化成品北海道)を設立。

東証・大証一部上場記念懇親会であいさつする福本社長
東証・大証一部上場記念懇親会で
あいさつする福本社長

1978年(昭和53年)

大分県中津市に大分工場(現、株式会社積水化成品九州 大分工場)設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。
東京・大阪両証券取引所市場第1部に指定。

東証・大証一部上場記念懇親会であいさつする福本社長
東証・大証一部上場記念懇親会で
あいさつする福本社長

成長から成熟の時代

ポリマー微粒子「テクポリマー」拡大写真
ポリマー微粒子
「テクポリマー」拡大写真

1985年(昭和60年)

ポリマー微粒子「テクポリマー」の販売開始。
発泡ポリスチレン利用の土木工法(EPS土木工法)を開発。

ポリマー微粒子「テクポリマー」拡大写真
ポリマー微粒子
「テクポリマー」拡大写真

1989年(平成元年)

岡山県笠岡市に岡山工場(現、株式会社積水化成品天理 岡山製造部)設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。

機能性高分子ゲル「テクノゲル」
機能性高分子ゲル
「テクノゲル」

1993年(平成5年)

機能性高分子ゲル「テクノゲル」の販売開始。

機能性高分子ゲル「テクノゲル」
機能性高分子ゲル
「テクノゲル」

1994年(平成6年)

茨城県下館市(現筑西市)に茨城下館工場(現、株式会社積水化成品関東 下館製造グループ)設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。
技研化成株式会社(現、株式会社積水技研 兵庫県伊丹市)を買収。

1995年(平成7年)

奈良市による土地収用により奈良工場を閉鎖。
本店を本社事務所(大阪市北区)に移転。

シンガポールにSekisui Plastics S.E.A. Pte., Ltd.を設立
シンガポールにSekisui Plastics S.E.A. Pte., Ltd.を設立

1996年(平成8年)

シンガポールにSekisui Plastics S.E.A. Pte., Ltd.を設立。

シンガポールにSekisui Plastics S.E.A. Pte., Ltd.を設立
シンガポールにSekisui Plastics S.E.A. Pte., Ltd.を設立

グローバル発展の時代

積水化成品(上海)国際貿易有限公司を設立
積水化成品(上海)国際貿易有限公司を設立

2004年(平成16年)

山口県防府市に株式会社積水化成品山口を設立。
中国上海に積水化成品(上海)国際貿易有限公司、天津に天津積水化成品有限公司を設立。
原聚化学工業股份有限公司(現、台湾積水化成品股份有限公司)に追加出資し、当社連結子会社とする。

積水化成品(上海)国際貿易有限公司を設立
積水化成品(上海)国際貿易有限公司を設立

2006年(平成18年)

米国テネシー州にSekisui Plastics U.S.A., Inc.を設立。

Sekisui Plastics Europe B.V.を設立
Sekisui Plastics Europe B.V.を設立

2007年(平成19年)

オランダ アルメロ市にSekisui Plastics Europe B.V.を設立。
中国蘇州に積水化成品(蘇州)科技有限公司を設立。
韓国 ソウル市に積友商事株式会社(現、Sekisui Plastics Korea Co., Ltd.)を設立。

Sekisui Plastics Europe B.V.を設立
Sekisui Plastics Europe B.V.を設立

2008年(平成20年)

台湾 台北市に台湾積水迅達股份有限公司(現、台湾積水化成品股份有限公司)を設立。

株式会社積水化成品埼玉を設立
株式会社積水化成品埼玉を設立

2009年(平成21年)

サンポリマー株式会社の発泡ポリスチレンシート事業を譲り受け、埼玉県蓮田市に株式会社積水化成品埼玉を設立。
当社創立50周年を迎え「積水化成品グループ100年ビジョン」を策定。

株式会社積水化成品埼玉を設立
株式会社積水化成品埼玉を設立

2010年(平成22年)

九州支店および九州地区の生産・販売会社を統合し、福岡市中央区に株式会社積水化成品九州を設立。

Sekisui Plastics (Thailand) Co., Ltd.を設立
Sekisui Plastics (Thailand) Co., Ltd.を設立

2012年(平成24年)

中部支店および中部地区のグループ会社販売拠点を統合し、名古屋市中区に株式会社積水化成品中部を設立。
タイ バンコクにSekisui Plastics (Thailand) Co., Ltd.を設立。

Sekisui Plastics (Thailand) Co., Ltd.を設立
Sekisui Plastics (Thailand) Co., Ltd.を設立

2013年(平成25年)

東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合により、東京証券取引所市場第1部への単独上場となる。
東北支店を廃止し、仙台市青葉区に株式会社積水化成品東北を設立。

CFRP複合発泡成形体「テクフォーマー(現、ST-LAYER)」を開発。
CFRP複合発泡成形体
「テクフォーマー(現、ST-LAYER)」

2014年(平成26年)

CFRP複合発泡成形体「テクフォーマー(現、ST-LAYER)」を開発。
関東地区のグループ会社拠点を統合し、株式会社積水化成品東部(本社:茨城県猿島郡境町)を設立。
台湾のグループ会社を統合し、台湾積水化成品股份有限公司(本社:新竹)を設立。

CFRP複合発泡成形体「テクフォーマー(現、ST-LAYER)」を開発。
CFRP複合発泡成形体
「テクフォーマー(現、ST-LAYER)」
メキシコ グアナフアト州にSekisui Plastics S.A. de C.V.を設立。
メキシコにSekisui Plastics S.A. de C.V.を設立

2015年(平成27年)

メキシコ グアナフアト州にSekisui Plastics S.A. de C.V.を設立。

メキシコ グアナフアト州にSekisui Plastics S.A. de C.V.を設立。
メキシコにSekisui Plastics S.A. de C.V.を設立

2016年(平成28年)

自動車部品等の製造販売会社である株式会社ヤマキュウ(現、株式会社積水化成品ヤマキュウ)に出資し、当社連結子会社となる。

2018年(平成30年)

タイ ラヨーンにSekisui Plastics (Thailand) Co., Ltd.の2拠点目となる成形拠点を設置。

熱可塑性エラストマービーズ発泡体「エラスティル」の販売開始
熱可塑性エラストマービーズ発泡体
「エラスティル」の販売開始

2019年(平成31年)

欧州の自動車部材サプライヤーであるProseatグループの株式等取得を完了。 熱可塑性エラストマービーズ発泡体「エラスティル」の販売を開始。

熱可塑性エラストマービーズ発泡体「エラスティル」の販売開始
熱可塑性エラストマービーズ発泡体
「エラスティル」の販売開始

これからの積水化成品、創立60周年を迎えて

積水化成品グループは、創立100周年にむかって、
「グローバルに顧客から信頼されるプラスチックス・ソリューション・カンパニー」
を目指しています。